前歯の歯茎の黒ずみの原因で最も多いが歯科金属の溶け出しによって歯茎に染みこんで黒くなるという事が最も多くなっています。

特に現在、歯科医院に歯茎の黒ずみの解消の相談にくる方で最も多いのが下記の二つのパターンとなっています。

  • 保険のプラスチックの歯で治療をした方
  • 前歯を歯科金属が使われている自費診療の「メタルボンド」で治療を行った方

いづれでも歯科金属を使用をした治療を受けています。

銀歯を装着をしている方も歯茎の黒ずみは出てくるのですが、銀歯の被せ物をするというのは奥歯が殆どですからあまり気にならないので、歯茎の黒ずみの相談の殆どが前歯を保険のプラスチックの歯で治療をした方、また自費診療でも歯科金属を使用をしたセラミックの歯のメタルボンドで治療をした方が殆どです。

当サイト 歯科金属を使用をしたメタルボンドの詳細な解説→こちら

スポンサーリンク

前歯の歯茎の黒ずみの原因を除去して、きれいな歯茎に戻そう

歯をキレイにする

前歯の歯茎の黒ずみの原因は、歯科金属の溶け出しによるものが圧倒的に多いです。

歯科金属が使用されているのは、保険のプラスチックの歯で治療をした方と、また自費診療でも歯科金属が使用をされているセラミックの歯のメタルボンドで治療をした方です。

前歯の歯茎の黒ずみを解消をするには、その原因を取除く事が重要です。

例えば歯茎の黒ずみを元に戻す、「歯茎のピーリング」もありますが、それを行ったところで歯科金属が使われている保険のプラスチックの歯、歯科金属の使われているセラミックの歯のメタルボンドを装着をしていては、ずっと歯科金属が溶け出し続けているわけですからすぐに歯茎が黒くなってきてしまいます。

従って、保険のプラスチックの歯、歯科金属が使用されているセラミックの歯のメタルボンドから、歯科金属の使用されていないオールセラミックの歯に交換をする事が前歯の歯茎の黒ずみの原因の除去になります。

オールセラミックの歯に取替えを行うと、今まで染み出し続けてきた歯科金属がなくなるので歯茎がピンク色に戻ってくるという事が通常となります。

キレイなピンク色の歯茎を取戻したい方は、歯科金属を除去をする事が出来るオールセラミックの歯の治療をする事で、清潔感のあるキレイなピンク色の歯茎を取戻す事が出来ます。

他にもある歯科金属の弊害

金属アレルギー 歯

歯科金属の弊害として、金属アレルギーはかなり分かりやすいところですが、歯科金属が原因と思われるその他の事もあるのです。

全て歯科金属に対するアレルギー反応のようですが、細かく分類もしづらいですし、この辺りの事は医学的に不明確であるという事もあるので参考程度にして下さい。

原因不明の肌荒れ

歯科金属が溶け出している状態だと、つまり溶け出している歯科金属が血液にのって身体の隅々まで不純物が運ばれることになります。

その不純物(溶け出した歯科金属)を身体が排出をしようとして肌あれが起こるという事が指摘をされています。

ニキビの原因がまさかの歯科金属を使った歯科の治療を受けた事であったという方も多くいらっしゃいます。

歯科金属の肌荒れを明かす外部サイト

※上記の赤の外部コンテンツは非常に有益なのですが、SSL対応がなされておりませんのでリンクを設定しておりません。赤字のコンテンツをお読みになりたい場合には下記のURLよりご自身のブラウザーにコピペでURLを入れてアクセスをして頂きますようお願い致します。

  • 10年目の真実!!・・・http://turquoise-recipe.hatenablog.com/entry/2015/09/10/221124
  • 「皮膚科医なのに・・・」http://www.jprime.jp/articles/-/4433

将来お子さんを作りたい方も歯科金属には注意

将来お子さんを作りたいという女性の方も注意が必要です。歯科金属がお口の中にあるという状態ですと、あなたの身体に歯科金属が溶け出した金属イオンが隅々まで運ばれます。妊娠をしている最中ですと、それが胎児にも回ってしまうという事です。

金属がアレルギーの原因になるとも指摘される事がありますから、その点で妊娠を望む女性の方であれば将来のお子さんの事を考えると口の中から歯科金属を除去しておいた方が望ましいでしょう。

手足の湿疹、小さな水ぶくれ(異汗性湿疹、汗疱、発汗異常性湿疹)

手足の湿疹、小さな水ぶくれが長期間長引くという事があります。

その原因が金属アレルギーという事があるそうです。

参考外部サイト

金属アレルギーを意識をしている方で、安物のピアス、ネックレスなどを全てやめたという方でも、なぜか金属アレルギーの症状が出る・・・とお悩みの方で歯科金属を見落としているという方が多くいらっしゃいます。

銀歯、保険のプラスチックの歯で治療した方、歯科金属が使われているセラミックの歯のメタルボンドで治療をしている方などで、掌の小さな水ぶくれ、湿疹などが頻繁に起こるなどの事がある場合には歯科金属が口の中に入っていないかという事をチェックをしてみると良いかと思います。

必要があり、治そうと思うのであれば、歯科金属を使用をしていないオールセラミックの歯に取り換えて歯科金属を除去をするとより健康的になる事が出来るでしょうし、また肌荒れが改善をする可能性があります。

歯科金属を除去したいけれどオールセラミックの歯は高額・・・で悩んでいる方は下記の審美歯科サービスが良いかも

セラミック 歯 安い

スポンサーリンク