歯科の自費診療のセラミックの歯の治療が安く受ける事が出来る歯科医院をお探しの方も非常に多いのではないかと思います。

東京、神奈川、大阪、名古屋で歯科の自費診療のセラミックの歯の治療を安く受ける事が出来るという事で評判の審美歯科サービスがあります。

株式会社Japan Dental Frontierがサービスの企画開発・運営管理をしている審美歯科サービスがそれです。

今までも高額過ぎた歯科の自費診療のオールセラミックの歯の治療を、審美治療を必要としている方に手の届きやすい治療費にした事によって人気となっています。

下記バナーをクリックして公式サイトからメール相談、電話相談、問い合わせなどをして頂けます
審美歯科 安い オールセラミック

セラミックの歯、オールセラミックの歯は違いがあるのか?

セラミックの歯、オールセラミックの歯と言われてどちらも同じような感じがしますが、一応のところ、実は両者は異なる自費診療のものです。

セラミックの歯とは通常メタルボンドの事を言います。しかしながら、近年ではメタルボンドはもう利用をする必要性は無くなり、殆どが歯科金属を使用をしないオールセラミックの歯の治療に切り替わってきているので、オールセラミックの歯の事も「セラミックの歯」として一緒に紹介をする歯科医院や歯科サイトが増加しました。

メタルボンド(セラミックの歯)

メタルボンド 裏側メタルボンド

メタルボンドは、また歯科金属を使用しないオールセラミックが主流でなかった頃に使われていたものです。以前はセラミックだけで歯の被せ物を作ると、強度的に不安があったので強度を補うために、歯科金属を使用をして強度を補っていました。

それが過去によく利用されていた「セラミックの歯」であるメタルボンドです。

本物の歯を見分けがつきにくいので、以前はよく利用されていましたが、健康志向の高まりから、歯科金属のアレルギーなどの観点と、オールセラミックで充分な強度がある現在ではメタルボンドは実際、必要ない過去の遺物となったと言っても過言ではありません。

金属アレルギーと歯科金属のアレルギーについて詳細されていてわかり易いので下記も参考にして下さい。

ジュエリーの金属で肌が荒れるなどアレルギーがある方は歯科金属も要注意

特に前歯の治療をしたい場合にメタルボンドを使う事は全くおすすめが出来ません。メタルボンドの歯科金属が溶け出す事で歯茎を黒くしてしまう事があります。

下記のイメージ画像を見て頂くと分かると思います。もっと歯茎の根元が黒くなってしまうという状態になる事も珍しくありません。せっかく歯をキレイにするために歯科の自費診療のセラミックの歯にしたのに歯茎が黒くなってしまっては、正直清潔感なども無くなってしまうので、歯科の自費診療を受けるのにメタルボンドを選ぶメリットは何もありません。

メタルボンド 歯茎黒くなる

ただ、メタルボンドが完全に過去の遺物と化しているとしても、一応のところ歯科医院ではオールセラミックよりも品質が劣る自費診療のラインナップとして残してあり、値段をオールセラミックの歯よりも安くしている事が通常です。

お値段が少しばかりメタルボンドの方が安くても、メタルボンドを選ぶのは余程の強度が必要ではない限り選ばない方が得策です。

下記にメタルボンドの事について詳細されていますので、メタルボンドで前歯を治療をしようと思っていた方は、下記も参考にして、もう一度検討をしなおしてください。

前歯の歯科の自費のセラミック治療を本当にメタルボンドで後悔しませんか?

オールセラミックの歯

ジルコニアセラミック ブリッジ

オールセラミックの歯は、その名称の通り、歯科金属を使用をしないセラミックのみで製作をする歯科の自費診療のセラミックの歯です。

オールセラミックの歯は以前は強度的に不安があるという事でしたが、それもほぼ完全に解消をされています。その理由が人工ダイヤモンド素材であるジルコニアを応用をする事が出来るようになったからです。

人工ダイヤモンドなので非常に硬い素材で、それをオールセラミックの歯の一部に使用をする事によってオールセラミックの歯の強度を強めることが出来るのです。

勿論、奥歯のブリッジにも使用をする事が出来るので、もう歯科金属を使用をしたメタルボンドはほぼ必要はないものとなったのです。

オールセラミックの歯の種類と相場

  • デンツプライシロナ社:セルコン 8~15万円/本
  • イボクラール社:IPSシリーズ 7~12万円/本
  • ノリタケポーセレン:カタナ 8~13万円/本
  • 3M社:Lava 13~18万円/本
  • ノーベルバイオケア社:プロセラ 15~25万円/本

オールセラミックの歯の相場は大まかに上記のようになっています。しかしながら、歯科医院によってお値段がかなり異なりますので、だいたいの相場を知って頂いて、自分自身が気になる歯科医院をピックアップをして複数の歯科医院で見積もりを出したりして、最もあなたが信頼できると思った歯科医院で治療を受けるという事が一般的です。

より詳細にセラミックの歯の値段、オールセラミックの歯の種類などを知りたい方は外部サイトですが下記がより詳しく解説されていますので、参照をして下さい。

セラミックの歯の値段は!?歯科の自費のセラミックの詰め物なども合わせて解説

歯科の自費診療のオールセラミックの歯の値段は高額過ぎる?

オールセラミック 治療費 割合

歯科の自費診療のオールセラミックの歯の値段は、いくら自費診療と言っても高額過ぎるというのが現在の状態です。

歯科業界的には、高くないと言っているのですが、明らかに市場原理的な事で言えば歯科医院は乱立をしており、歯科サービス自体に市場希少性はないのに、なぜここまで高額なのだ?と疑問の声が多く聞こえています。

また社会的な経済状況から、歯医者の仕入れとしてはどんなに良いオールセラミックの歯を使っていても1本3万円いかないくらいのオールセラミックの歯を15万円、20万円という治療費で出しているというのも、かなり市場的な感覚から外れていると指摘をされています。

オールセラミックの歯の歯科の自費診療のお値段を市場適正価格にしたところ歯科業界の中では低価格になった審美歯科サービス

セラミック 歯 安い

オールセラミックの歯の歯科の自費診療のお値段を市場適正価格にしたところ歯科業界の中ではかなり低価格を実現をしてるのが、株式会社Japan Dental Frontierの審美歯科サービスです。

高品質で知られている歯科業界でトップシェアのデンツプライシロナ社のセルコンシリーズのジルコニアが1本50,000-で、前歯の治療に頻繁に利用をされているイボクラール社のIPS e.maxが1本47,000-で提供されています。

下記が株式会社Japan Dental Frontierのプライス表です。

これだけの低価格を実現をしており、しかも高品質な治療を受ける事が出来るようになっているのです。だから、株式会社Japan Dental Frontierがサービスの企画開発・運営管理をする審美歯科サービスは大変に人気があります。

下記バナーをクリックして公式サイトからメール相談、電話相談、問い合わせなどをして頂けます
審美歯科 安い オールセラミック

東京、神奈川、大阪、名古屋の広範囲で受けられる審美歯科サービスだから利便性が高い

株式会社Japan Dental Frontierの審美歯科サービスは、日本の都市圏をカバーをしています。

東京、神奈川、大阪、名古屋で受ける事が出来るので、かなり利便性が高い審美歯科サービスとなっています。また、この審美歯科サービス内で実際に治療に当たる各都市の歯科医院は、他の歯科医院よりも圧倒的に多くの治療をこなしています。

だからこそ、オールセラミックの歯を装着をする自費診療に良い意味で慣れており、様々な症例に対応をしてきたので経験が豊富です。

歯医者の実力というのは、やはり細かい作業が多いので、多くの方に施術をしてきた細かい作業への慣れが実際は最も大切です。現場の中でしっかりと磨かれた経験と技術によって、高い歯科の自費診療の品質を保持をしているのに、他の審美歯科よりも低価格でオールセラミックの歯の治療を受ける事が出来るのでかなりお得な審美歯科サービスという事が出来ます。

今まで、あまりオールセラミックの歯の治療費が高額過ぎて、オールセラミックの歯で治療をしたいのに、なかなか決断できなかったという方は、この機会に株式会社Japan Dental Frontierの審美歯科サービスの公式サイトも見て検討をして頂けたらと思います。

下記バナーをクリックして公式サイトからメール相談、電話相談、問い合わせなどをして頂けます
審美歯科 安い オールセラミック