一般的に「セラミックの歯」と言われているものと、「オールセラミックの歯」と言われている素材の解説をします。

「セラミックの歯」も「オールセラミックの歯」も同様のものに感じられますが、でも実は歯科業界的には一応のところ使い分けをしています。

この違いが分からないままで相談をしてしまうと歯医者が勘違いをして治療を進めてしまう事も起こりえますし、またご自身もせっかく良い治療を受けようと思っているのに損をしてしまう事になりますから、「セラミックの歯」と「オールセラミックの歯」の違いを知っておきましょう。

スポンサーリンク

セラミックの歯とは?

メタルボンド
メタルボンド 裏側

歯科業界的に「セラミックの歯」と言う場合には、歯科金属をセラミックの内側に使って強度の補強をしてあるメタルボンドを指しています。

上のイメージ画像のように、裏側までセラミックで覆われているものと、見える前はセラミックで裏側は金属が出ているメタルボンドの2種類があります。

歯科金属を裏表をセラミックが覆っているものを「メタルボンドフルベーグ」と言います。このような言い方があるにせよ専門用語を使わずとも、歯医者でメタルボンドを相談をする場合には、「裏側もセラミックで覆われているメタルボンド」という言い方をすれば良いでしょう。

最近はメタルボンドはあまり使われませんし使う必要性が殆どありません

メタルボンドも歯科の自費診療で、前歯に使われる事もあり、以前はセラミック矯正を行う場合にもメタルボンドが利用をされていました。

しかしながら、最近はメタルボンドを使用をしなくても充分な強度を持ったオールセラミックが出てきた事によって、メタルボンドは過去の遺物になってきています。

特にオールセラミックの歯でも、ジルコニアを応用をしたオールセラミックの歯が登場をした事によって奥歯、また奥歯の連結をしたブリッジの治療にもジルコニアを用いたオールセラミックなら充分な強度を持っていますから、よほどの事がない限り歯科金属を使用をしたメタルボンドを利用をする必要性はなくなりました。

しかし、なぜメタルボンドがまだラインナップとして残っているのか?というと値段的な選択枠を広げるためというのが主な理由であるという事と、ごく一部、ジルコニアセラミックを使うよりも金属の強度がどうしても欲しいという場合に使われる事があるためです。

オールセラミックの歯よりも、通常の審美歯科・歯科医院ではメタルボンドの方が1本当たりの値段が安く設定されている事が多いですから、メタルボンドを選びたくなる気持ちもあるかもしれませんが、メタルボンドを選ぶメリットは現在のところ相対的に言って無いと言っても言い過ぎではありません。

メタルボンドを選ぶ必要性がない理由

  • メタルボンドは歯科金属が使われており歯茎に溶け出し黒ずむ原因になる
  • 歯科金属のアレルギー、また肌荒れなどの原因になる可能性も指摘されている
  • 歯科金属を使わなくても、充分な強度を持ったジルコニアを使えば充分な強度を確保出来るし金属アレルギーの心配もない
  • オールセラミックの歯と比べてメタルボンドは本物の歯の再現性で劣る
  • メタルボンドは自費診療で高額になるのに、保険のプラスチックの歯と同様に歯科金属による歯茎の黒ずみが起こる

オールセラミックの歯とは

オールセラミック 歯
ジルコニアセラミッククラウン 歯

「オールセラミックの歯」とは名称の通り、歯科金属を使用しないでセラミックのみで作る自費診療のセラミックの歯の事を言います。

オールセラミックの歯には大きくわけて2種類があります。

  • 通常のセラミックだけで作ったオールセラミッククラウン
  • 通常のセラミックの内側に人工ダイヤモンド素材のジルコニアを用いたもの

ちなみに、ジルコニアも素材としてはセラミックの一類型です。

前歯だけの治療であれば、噛み締める力が奥歯に比べて強くなるという事がありませんから、ジルコニアを使っていないオールセラミッククラウンで充分です。

セラミック矯正の場合にはIPS e.maxが使われる事がかなり多いです。なぜIPS e.maxというものが使われるのかというと、色の種類が多くより自然に天然歯と違和感なく治療をする事が出来るためです。

奥歯、ブリッジの連結をした歯にする場合にはジルコニアを用いたオールセラミックの歯

ジルコニアセラミック ブリッジ

噛み締めの強い奥歯、また歯の欠損がある場合にオールセラミックの歯を連結をする場合にはジルコニアを用いたオールセラミックの歯を利用をします。

そのようにしないと口の中の強い衝撃によって割れてしまう可能性があるからです。口の中の噛み締めは、かなり強くかかりますから、奥歯の場合にはジルコニアを用いたオールセラミックの歯にした方が安心です。

「セラミックの歯」と「オールセラミックの歯」の違いのまとめ

「セラミックの歯」と「オールセラミックの歯」の違いは、ごく簡単に言えば、歯科金属を使用したセラミックの歯であるのか、歯科金属を全く使用をしていないセラミックの歯であるのか?という事です。

歯科金属を使用をしたメタルボンドは保険適用にならない自費診療である事に変わりはありませんが、現在的には、ごく一部の限られた場合にしか必要がないものとなっています。

また歯科金属のアレルギー、歯科金属の溶け出しによる歯茎の黒ずみなどが起こるという事がありますから、現在的には「オールセラミックの歯」を選ぶ事が通常です。

また奥歯のブリッジの治療には、金属の強さを持ったメタルボンドが利用されていましたが、現在はオールセラミックの歯に人工ダイヤモンドのジルコニアを応用をして奥歯のブリッジにも対応をする事が出来るようになっいるので、さらにメタルボンドを利用をする必要性はなくなりました。

お値段と、後に負う金属アレルギーのリスク、歯科金属の溶け出しによる歯茎の黒ずみなどの事を勘案をすると、現在的にメタルボンドで治療を受けるメリットは皆無と言っても過言ではありません。

治療費の設定としては、メタルボンドの方がオールセラミックの歯よりも安くしている歯科医院も多いので、メタルボンドを選択をしてしまいたくなる気持ちが出るかもしれませんが、最近は15年前などに前歯をメタルボンドで治療をした方の多くがオールセラミックの歯に取替えをしに来院をされる事が多いです。

その方々の共通の悩みごとは、やはりメタルボンドを装着をした前歯の歯茎に歯科金属が原因での歯茎の黒ずみが出てきているという事でのオールセラミックへの取替え希望が多いのですから、遅かれ早かれ歯科金属の溶け出しで歯茎が黒ずむメタルボンドを選択をする事はかなり損であるという事をご理解して頂けるでしょう。

通常の審美歯科では1本10万円以上するオールセラミックの歯の治療がリーズナブルに受けられる審美歯科サービス

セラミック 歯 安い

スポンサーリンク